×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シャー専用 ズゴック00:【ガンダムno部屋】

ズゴック
(シャア・アズナブル大佐機)

キット MG 1/100
機体名 Z'GOK
型式番号 MSM-07S
所属 ジオン公国軍
搭乗者 シャア・アズナブル大佐
登場作品 『機動戦士ガンダム』
機体紹介  一年戦争において、”赤い彗星”として恐れられたシャアの専用機としては、唯一の水陸両用機です。本編では、連邦軍の本拠地であるジャブローの進行作戦の際にシャアが操った機体です。

 ズゴックは、陸戦および水中戦に優れた機体であったそうです。腕に備えられたクロー(←要は爪です。)と、クローを開いた手のひら(?)から、メガ粒子砲と呼称されるビームも内蔵している。  また、頭部にある240mmミサイルを搭載し、水中では魚雷同様の役割を果たすが、主に、対空用に用いられていた。

 また、当機は、シャア専用に一般兵用の量産機に比べて、2〜3倍の出力であったとされています。

 劇中では、当機(シャア専用ズゴック)がジムを爪で貫く衝撃的な登場シーンが描かれている。まさに、名シーンとして記憶されている方も多いと思われます。
搭乗者紹介  ”赤い彗星”のシャアはズゴックを駆って、南米にある地球連邦軍の本拠地ジャブロー侵攻作戦に参加します。この復帰戦で、シャアは、ガンダムに搭乗するアムロと再び対峙します。

 ジオン公国軍のエースパイロット達との戦闘で成長したアムロに驚き、『さらに、出来るようになったな、ガンダム!』というシャアの台詞すら、やっぱり、格好良く聞こえてしまうのは、私だけでしょうか(^^;


キットレビュー @ スタイル
 劇中のイメージよりも、若干、細身です。しかし、スタイリッシュな感じで、個人的には非常に気に入っております。

A キットの完成度
 非常に高いと思います。爪も一本、一本が独立して動かすことができます。また、ダクト部分の動揺に、一枚、一枚が独立しています。また、脚・腕ともに、関節を自由に動かせるうえに、固定することも可能です。

 また、クローも、3本と4本の二つのパターンが選択できます。(←今回は、4本を選択しました。)

 また、このキットはツヤ消しスプレーの効果が絶大で、塗装をしない簡単フィニッシュで仕上げる方には非常にお勧めのキットです(^^)
製作工程 簡単フィニッシュ
【 ゲート処理 → 墨入れ → 部分塗装 → ツヤ消しスプレー】
塗装 部分塗装
【アイセンサー(←目の部分)】



シャー専用 ズゴック01:【ガンダムno部屋】 シャー専用 ズゴック02:【ガンダムno部屋】
正面のシルエットです。太り過ぎず、細すぎない。非常に良いバランすです。
これは、右斜め前から。ズゴックも良いですね〜。
シャー専用 ズゴック03:【ガンダムno部屋】 シャー専用 ズゴック04:【ガンダムno部屋】
左にいる敵機に向かって、メガ粒子砲を放っているイメージです。自由にポージングが出来ます。このキットも完成度が高いです。 頭部の240mmミサイルも忠実に再現されています。
シャー専用 ズゴック05:【ガンダムno部屋】 シャー専用 ズゴック06:【ガンダムno部屋】
これは、左斜め前からの撮影です。アイセンサーは、360度の回転が可能です。 ちょっと、寄ってみます。このキットも合わせ目消し等の加工は、一切、施してません。良く出来たキットです(^^)
シャー専用 ズゴック07:【ガンダムno部屋】 シャー専用 ズゴック08:【ガンダムno部屋】
もう一枚、真上からの撮影です。このショットが結構、気に入ってます。 真正面のアップです。細部まで、緻密に再現されているのが凄い。接着剤等も一切、使用しなくても、この仕上がり。流石、バンダイさん。
シャー専用 ズゴック09:【ガンダムno部屋】 シャー専用 ズゴック10:【ガンダムno部屋】
やっぱり、上からのショットが良い!! 最後は、メガ粒子砲を放つイメージで(^^)
web拍手


Since 2009.12 ■ ガンダム no 部 屋 ■