×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シャー専用 ゲルググ00:【ガンダムno部屋】

ゲルググ
(シャア・アズナブル大佐機)

キット MG 1/100  Ver1.0
機体名 GELGOOG
型式番号 YMS-14S
所属 ジオン公国軍
搭乗者 シャア・アズナブル大佐
登場作品 『機動戦士ガンダム』
機体紹介  一年戦争において、”赤い彗星”として恐れられた シャア・アズナブルの専用機です。作品では、ソロモン攻略戦後のテキサスコロニーにて ”連邦の白い悪魔”ことガンダムと初めて剣を交えます。アムロがニュータイプとしての 才能に覚醒しつつある時期と、慣らし運転をしない状況であったことが重なり善戦する ことはかないませんでしたが、その後の対戦では、善戦します。
 一説によると、ガンダムと同等程度の性能を持つともいわれる汎用性の高いMSであ とも云われているようです。
搭乗者紹介  ”赤い彗星”ことシャア・アズナブル大佐は、このMSに搭乗したガンダムとの戦闘 中に、最愛のララァを失ってしまいます。ララァは、アムロにとっても最愛の女性であ ったが故に、後の作品でも登場する有名なシーンとなりました。
 シャア・アズナブルとしては、初めて、涙を流します。シャアの悲しさが伝わっり ました。


キットレビュー @ スタイル
  ゲルググのMGキットは、既に(2009年12月時点)、Ver.2.0が発売されており、 全体的に細身の印象が強く、TV版の重量感とはかけ離れています。ガトー専用機の ゲルググでも触れましたが、個人的には、Ver1.0も好みです。

A キットの完成度
 キットの完成度は、ガトー専用機のゲルググ(Ver1.0)との色違いですから、 やっぱり、間接部分の脆弱さが気になります(^^;
 稼動範囲も狭く、派手なアクションを求めてポージングさせようとすると・・・ 恐ろしく派手に転びます(^^; でも、直立出来るポーズをとらせて、飾って おくと、地震があっても結構、倒れません。。。フォローしきれてないですね(^^;
製作工程 簡単フィニッシュ
【 ゲート処理 → 墨入れ → 部分塗装 → ツヤ消しスプレー
 →ウェザリング】
塗装 部分塗装
【胸部のダクト、肩アーマーのダクト、背部のバーニア e.t.c】



シャー専用 ゲルググ01:【ガンダムno部屋】 シャー専用 ゲルググ02:【ガンダムno部屋】
ちょっと、躍動感のある演出を・・今から、一歩を踏み出すイメージです。
正面です。(←写真を見れば分かりますよね(^^;)
シャー専用 ゲルググ03:【ガンダムno部屋】 シャー専用 ゲルググ04:【ガンダムno部屋】
下から覗き込んで、みました。パーツのエッジにシルバーを塗って 塗装が剥げたイメージを演出しているつもり(^^; 戦艦内部で、出撃を待つ姿をイメージです。
シャー専用 ゲルググ05:【ガンダムno部屋】 シャー専用 ゲルググ06:【ガンダムno部屋】>
ビームライフルを持ち上げて、勇ましい感じで♪ こちらは、銃口を向けてます。よ〜く見ると、ライフルの上につくスコープの レンズが抜けてます。
(↑そうなんです。レンズのパーツは、何処かへ消えて しまったんです・・)
シャー専用 ゲルググ07:【ガンダムno部屋】 シャー専用 ゲルググ08:【ガンダムno部屋】
ちょっと、カメラ目線。背中に背負っているシールドの裏側も部分塗装したんです。 今度は、下に向けて銃を構えさせてみました。
(↑やっぱり、スコープのレンズは、ありません orz )
シャー専用 ゲルググ09:【ガンダムno部屋】 シャー専用 ゲルググ10:【ガンダムno部屋】
さらに、ゲルググに接近しました。パステルを薄〜くなじませて、シャドウ効果を 狙いました。 最後は、カメラ目線です。
web拍手


Since 2009.12 ■ ガンダム no 部 屋 ■