×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MG Hi-ν ガンダム:【ガンダムno部屋】

Hi-ν ガンダム

キット MG 1/100
機体名 Hi-ν GUNDAM
型式番号 RX-93-ν2
所属 地球連邦軍
搭乗者 アムロ・レイ大尉機
登場作品 -
機体紹介  U.C.0093年に勃発した第二次ネオ・ジオン抗争を描いた映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』で登場したνガンダムの発展型という位置づけになっています。
 当機体の最大の特徴は、フィンファンネルです。これは、ニュータイプや強化人間といったニュータイプの能力を持つパイロットにしか扱えない武器です。パイロットが頭で描いた動きや攻撃のイメージ通りに扱うことが出来ます。
 また、補足ですが小説版の同作品に描かれたデザイナーの出渕氏のデザインが元になっているようです。映画版に登場したνガンダムは、複数のメカニックデザイナーによって提案された案を出渕氏がクリンナップして完成したものだそうです。
搭乗者紹介  アムロ・レイは、一年戦争に大活躍し歴戦のパイロットです。メカニックとしても、大変優秀です。νガンダムの開発・設計は、アムロによって手がけられたものです。

 U.C.0079に起きた一年戦争を描いた『おやじにも、ぶたれたことないのに!!』等という台詞が印象的ですが、『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』では立派に成長したアムロの勇士がみられます。


キットレビュー @ スタイル
   バランスの良いプロポーションだと感じています。モールド等も適度なバランスに刻まれており、メカニカル表現についても申し分ありません。

A キットの完成度
   非常に完成度高いと思います。また、細かいギミックも再現されており、背中に背負っているファンネルも着脱可能です。しかも、コンテナに着いていても一本、一本が上下方向に稼動させることが可能です。

   肘や膝等の曲がる角度は、驚くほど広い。しかも、適度な耐力も兼ね備えていることから、ポージングも自由度が高い。

 難点を挙げるとすると、シールドを持たせると、肘の耐力が弱いので強化する必要があると思います。
 極めて優秀なキットであると思います。
製作工程 簡単フィニッシュ
【 ゲート処理 → 墨入れ → 部分塗装 → ツヤ消しスプレー】
塗装 部分塗装
【脚部の動力シリンダー e.t.c】



MG Hi-ν ガンダム01:【ガンダムno部屋】 MG Hi-ν ガンダム02:【ガンダムno部屋】
付属のバズーカも足せることが出来ます。 少し、近寄って撮影してみました。
MG Hi-ν ガンダム03:【ガンダムno部屋】 MG Hi-ν ガンダム04:【ガンダムno部屋】
右側からのショットです。後ろのフィンファンネルは細かい動きを再現することが出来ます。ビームライフルに持ち替えてみました。
MG Hi-ν ガンダム05:【ガンダムno部屋】 MG Hi-ν ガンダム06:【ガンダムno部屋】
少し角度を変えて撮影。 左斜め前からのショットです。
MG Hi-ν ガンダム07:【ガンダムno部屋】 MG Hi-ν ガンダム08:【ガンダムno部屋】
右側のショットです。 ビームサーベルを持たせてみました。
MG Hi-ν ガンダム09:【ガンダムno部屋】 MG Hi-ν ガンダム10:【ガンダムno部屋】
後ろからのショットです。実は、フィンファンネルを一つ破損させてしまいました。 さに、もう一枚。ポージングも自由度が高いです。
MG Hi-ν ガンダム11:【ガンダムno部屋】 MG Hi-ν ガンダム12:【ガンダムno部屋】
少し、近寄ってみました。 ビームライフルを構えさせました。
MG Hi-ν ガンダム13:【ガンダムno部屋】 MG Hi-ν ガンダム14:【ガンダムno部屋】
少し下からのアングルで。 シールドは、パーツが分割されているため塗装しなくても、このカラーリング。
MG Hi-ν ガンダム15:【ガンダムno部屋】 MG Hi-ν ガンダム16:【ガンダムno部屋】
当HPのTOPページに使用している写真です。 上からのアングルも文句なしです。
web拍手


Since 2009.12 ■ ガンダム no 部 屋 ■