×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HG_Gelgoog_M_Cima_00:【ガンダムno部屋】

ゲルググマリーネ シーマカスタム

キット HG 1/144
機体名 GELGOOG MARINE
型式番号 MS-14Fs
所属 デラーズ・フリート
搭乗者 シーマ・ガラハウ中佐
登場作品 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
機体紹介  当機は、一年戦争の終結から3年後に勃発した、ジオン再興を目論むデラーズ・フリートと地球連邦軍の間に起きた紛争を描いた『機動戦士ガンダム0083』に登場します。
 機体名で、分かるようにゲルググの後継機です。このシーマカスタムは、量産型のゲルググMと異なり、胸部の追加ダクト、フロントスカートのダクト等、シーマカスタムならではのディテールとなっております。 『ははははっは!! 手ぬるいね〜』
搭乗者紹介  デラーズ・フリートのシーマ艦隊において、指揮官であり、エースパイロットです。好戦的且つ、狡猾なキャラクターです。登場作品の3年前に勃発した一年戦争で、コロニーへの毒ガス攻撃をしかけた部隊の一兵士として参戦。(一説によると、参加していた兵士は、催眠ガスであると聞かされていたらしいです。)このような汚れ仕事をしていたことから、戦後、ジオンの残存部隊と合流することを拒否され、自分の故郷も一年戦争のソーラレイに使用されたコロニーだったことから、帰る場所を失い、宇宙海賊として過ごしていたとの話があります。
キットレビュー @ スタイル

 個人的には、非常に好きなスタイルです。古いキットとは、思えない格好良いスタイルだと思います。

A キットの完成度

 モノアイは、可動しないし、靴も分割されていない等の問題点があります。しかし、それを補って余るほど、美しいスタイルだと思います。
製作工程 【全塗装】

ゲート処理 → ディテールアップ → 全塗装
→ 墨入れ
塗装方法 ○ 塗装手法:筆塗
○ 塗料:ラッカー系塗料
改修箇所 〇 プラ板の貼り付け(各部)
〇 スジ彫り(各部)
〇 ピンバイスで穴開け
〇 ピンバイス等でスリット開け
〇 モノアイの可動化 e.t.c..




                  ↓    塗装前のショット    ↓



HG_Gelgoog_M_Cima_a01:【ガンダムno部屋】
こちらは、陸ジムを模倣したカラーリングに塗装したした後、ウェザリングを施した作品です。

                  ↓    完成写真    ↓



HG_Gelgoog_M_Cima_a02:【ガンダムno部屋】
Gelgoog_M_Cimaの特徴の一つであるロングライフルを持たせてみました。
HG_Gelgoog_M_Cima_a01:【ガンダムno部屋】
右手に持つマシンガンは、オリジナルカラーで塗装しました。
HG_Gelgoog_M_Cima_01:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_02:【ガンダムno部屋】
正面です。 右側面です。
HG_Gelgoog_M_Cima_03:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_04:【ガンダムno部屋】
左側面です。 背面です。
HG_Gelgoog_M_Cima_05:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_06:【ガンダムno部屋】
劇中では、あまり見られなかったビームサーベルを持たせてみました。 そのまま、背面からのショットです。
HG_Gelgoog_M_Cima_07:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_08:【ガンダムno部屋】
お気に入りのオリジナルカラーのマシンガンを持たせてみました。 左側面からのショットです。
HG_Gelgoog_M_Cima_07:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_08:【ガンダムno部屋】
マシンガンで狙わせてみました。 シールドを投げ捨てて、マシンガンで襲うイメージです。
HG_Gelgoog_M_Cima_11:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_12:【ガンダムno部屋】
打ち終わったイメージです。 二刀流です。
HG_Gelgoog_M_Cima_13:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_14:【ガンダムno部屋】
ちと、サーベルで遊んでみました。 ロングライフルを置いてみました。
HG_Gelgoog_M_Cima_15:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_16:【ガンダムno部屋】
こちらは、シールドを置かせてみました。 出撃イメージ。
HG_Gelgoog_M_Cima_17:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_18:【ガンダムno部屋】
もう一回、マシンガンを持たせてみました。 飾る際には、スカート内部および足のフレアの内部も塗装しました。スカート内部のバーニアとか、小細工したのですが、あまり目立ちませんね。
HG_Gelgoog_M_Cima_19:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_20:【ガンダムno部屋】
HG_Gelgoog_M_Cima_21:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_22:【ガンダムno部屋】
HG_Gelgoog_M_Cima_23:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_24:【ガンダムno部屋】
HG_Gelgoog_M_Cima_25:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_26:【ガンダムno部屋】
HG_Gelgoog_M_Cima_25:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_25:【ガンダムno部屋】
HG_Gelgoog_M_Cima_29:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_30:【ガンダムno部屋】
目立ちませんが、肩のスリット内部には、メッシュを入れてます。
HG_Gelgoog_M_Cima_31:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_32:【ガンダムno部屋】
腕には、スジ彫り苦労しました。 腕の付いている110mm速射砲の側面には、彫刻刀で処理しました。
HG_Gelgoog_M_Cima_33:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_34:【ガンダムno部屋】
バックパックの塗り分けは、苦労しました。 スカート内部は、真鍮線等でディテールアップしました。
HG_Gelgoog_M_Cima_35:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_36:【ガンダムno部屋】
HG_Gelgoog_M_Cima_37:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_38:【ガンダムno部屋】


                 ↓    細部のショット    ↓





HG_Gelgoog_M_Cima_39:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_40:【ガンダムno部屋】
目立ちませんが、肩のスリット内部には、メッシュを入れてます。
HG_Gelgoog_M_Cima_41:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_42:【ガンダムno部屋】
腕には、スジ彫り苦労しました。 腕の付いている110mm速射砲の側面には、彫刻刀で処理しました。
HG_Gelgoog_M_Cima_43:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_44:【ガンダムno部屋】
バックパックの塗り分けは、苦労しました。 スカート内部は、真鍮線等でディテールアップしました。
HG_Gelgoog_M_Cima_45:【ガンダムno部屋】 HG_Gelgoog_M_Cima_46:【ガンダムno部屋】

                  ↓    全体の写真    ↓



HG_Gelgoog_M_Cima_a03:【ガンダムno部屋】
HG_Gelgoog_M_Cima_33:【ガンダムno部屋】
最後まで、ご覧頂きまして、ありがとうございました。 web拍手 by FC2
コチラのサイトに出撃中です(●`・ω・)ゞ ⇒ プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】


Since 2009.12 ■ ガンダム no 部 屋 ■