×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1-200_Gundam_00:【ガンダムno部屋】

ガンダム

キット カップガンプラ 1/200
機体名 Gundam
型式番号 RX-78-2
所属 地球連邦軍
搭乗者 アムロ・レイ少尉
登場作品 機動戦士ガンダム
機体紹介  当機は、一年戦争で大活躍した、名機です。ガンダムを観賞したことの無い方でも、知っているという機体です。劇中の活躍は、最早、当サイトで紹介するまでも無いと思います。ジオン公国軍の開発したMSを次々と倒した名機。”ガンダム”の名を継承する機体は、後の世でも大活躍しております。
搭乗者紹介  アムロ・レイは、元々、ガンダムの開発者を親に持つ民間人でした。ジオン公国軍が、サイド7のガンダム開発計画の偵察任務の一環で、結果として同コロニー(サイド7)に戦火を広げてしまいました。この時、サイド7に居住していたアムロが、ガンダムに搭乗し、素人同然のアムロが、ザクを撃墜した。この話は、あまりにも有名です。
 また、アムロは、ニュータイプという存在を、明確に体現してしまったフロンティアかもしれません。結果として、ニュータイプ=パイロット特性のある者という認識を植え付けてしまったという説もあります。
キットレビュー @ スタイル

 個人的には、非常に好きなスタイルです。1/200は、思えない格好良いスタイルだと思います。

A キットの完成度

 膝、肘、指等は可動しないうえに、上腕と太腿にある大きな肉抜きパーツは、ガッカリです。しかし、それを補って余るほど、各部のディテールは綺麗に再現されています。
製作工程 【全塗装】

ゲート処理 → 各部の改修 → 全塗装 
塗装方法 ○ 塗装手法:筆塗
○ 塗料:ラッカー系塗料
改修箇所 〇 膝・太腿の肉抜きパーツを"おゆまる"で改修
〇 足首のアンクル―ガードの肉抜き




                  ↓    塗装前のショット    ↓



1-200_Gundam_a04:【ガンダムno部屋】


                  ↓    主な改修箇所    ↓



1-200_Gundam_a01:【ガンダムno部屋】
”おゆまる”を利用して、肉抜きパーツを改修しました。


                  ↓    完成写真    ↓



1-200_Gundam_a02:【ガンダムno部屋】
ラッカー系塗料と大きさを比較してみました。
1-200_Gundam_a01:【ガンダムno部屋】
各部に施されたモールドは細かく再現されています。
1-200_Gundam_01:【ガンダムno部屋】 1-200_Gundam_02:【ガンダムno部屋】
正面です。 左側面です。
1-200_Gundam_03:【ガンダムno部屋】 1-200_Gundam_04:【ガンダムno部屋】
背面です。 右側面です。
1-200_Gundam_05:【ガンダムno部屋】 1-200_Gundam_06:【ガンダムno部屋】
ライフルとシールドを持たせてみました。
1-200_Gundam_07:【ガンダムno部屋】 1-200_Gundam_08:【ガンダムno部屋】
背面からのショットです。 シールドも綺麗に再現されています。
1-200_Gundam_07:【ガンダムno部屋】 1-200_Gundam_08:【ガンダムno部屋】
アンクルガードも肉抜きしました。
1-200_Gundam_11:【ガンダムno部屋】 1-200_Gundam_12:【ガンダムno部屋】
肩も綺麗にモールドが再現されています。
1-200_Gundam_13:【ガンダムno部屋】 1-200_Gundam_14:【ガンダムno部屋】

                  ↓    全体の写真    ↓



1-200_Gundam_a03:【ガンダムno部屋】
最後まで、ご覧頂きまして、ありがとうございました。 web拍手 by FC2
コチラのサイトに出撃中です(●`・ω・)ゞ ⇒ プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】


Since 2009.12 ■ ガンダム no 部 屋 ■